これまで述べてきたように、自分の歯をなくした場合は、前述の歯科治療方法の選択肢があります。
どの選択肢を選ぶかは、患者さんが歯科医と相談して決められるものです。
自分なりに、治療方法などを調べるのは、ネットのおかげでずいぶん簡単になりました。

しかしながら、治療という医療行為については、専門の歯科医に症状を見て貰い相談することが大切です。
多くの歯科治療は、後戻りができない治療となります。
削られた歯は元に戻りません。
尚更、治療に関しては専門医と相談されることが大事ではないでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。045-550-3442受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら

3DR歯科医師コース

2019年7月28日(日)京都、8月25日(日)東京にて3DR歯科医師コースが開催されます。