コンセプト

自然歯(自分の歯)を失くした時の治療法をこれまでにご紹介したように、口腔内(口の中)の残っている歯を削らない、極力治療による侵襲(削ったり、刺激を行わない)を減らす治療方法です。

専門の歯科医が3DRの適用を判断をされた場合、精密な印象(歯の型)を取り、それを基に3DRが製作されます。
完成した3DRを患者に装着して、問題が無ければ治療を終わります。

その為、患者へのリスクが軽減され、治療期間の短縮につながっています。

口腔内での装着感、食物の咀嚼(食べるときの噛むごたえ)力が取り戻せます。

お気軽にお問い合わせください。045-550-3442受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら

3DR歯科医師コース

2019年7月28日(日)京都、8月25日(日)東京にて3DR歯科医師コースが開催されます。